財産の相続を放棄することってできるの?期間と手続きは? | 相続税率ナビ

menu
HOME » 相続税率 » 財産の相続を放棄することってできるの?期間と手続きは?

財産の相続を放棄することってできるの?期間と手続きは?

相続放棄ってご存知ですか?
相続を放棄する人なんているの?と思う人もいるかもしれませんが、人にはいろんな事情があり相続を放棄することができるようになっています。
仮に、相続は親が早く亡くなってしまい、子供が未成年の場合でも親の財産を相続しなくてはなりません。
しかし、子供が未成年の場合は大人と同じような判断が出来ないので、子供が未成年の場合は後に相続を放棄することが出来るんです。

・相続を放棄することってできるの?
財産を相続するということは手続きが面倒で、借金を代わりに支払ったりしないといけないこともあるため、相続人は財産の相続を放棄することも出来ます。
また、相続する子供が未成年だったり、赤ちゃんだった場合は母親または父親の権限で相続を放棄することも可能です。
1度、財産の相続を放棄してしまうと、二度と財産の相続が出来なくなってしまうので放棄をするときはよく考えてから行うようにしましょう。

・期間と手続きについて
財産の相続を放棄する場合は、放棄できる期限が3ヶ月以内と決まっています。
財産を相続したくないというときは、相続の開始があったことを知ったときから3ヶ月以内に手続きを完了させなくてはなりません。
相続を放棄するときは特別代理人が必要なケースと、特別代理人が必要ないケースがあります。
特別代理人が必要なケースは親と子供が共同相続人で、子供だけ相続を放棄したいときです。
しかし、親と子供が同時に財産の相続を放棄するときは、特別代理人を選定する必要はありませんよ。

このように財産の相続を放棄することは簡単に出来ます。
亡くなった人に借金があった場合、子供が未成年だった場合などに相続を放棄する人が多いです。
相続を放棄したい場合は3ヶ月以内と決まっているので、この間までに放棄を行いましょう。
1日でも過ぎてしまうと、財産の相続をすることが確定してしまい、その後に放棄を行うことは出来ないので注意しましょう。