税率って何?相続に関することは弁護士に相談するのもあり! | 相続税率ナビ

menu
HOME » 相続税率 » 税率って何?相続に関することは弁護士に相談するのもあり!

税率って何?相続に関することは弁護士に相談するのもあり!

相続に関して調べている人は相続税として払うのはいくらくらいなのか、仕組みなどを調べている人が多いと思います。
いざ自分で調べてみようとすると、意味不明な言葉ばかりで困惑してしまうこともあると思います。
最初につまづきがちなのは相続の税率についてだと思います。
相続税に関する税率が分からない場合は弁護士の人などに相談をして、財産をどれくらい残せるかを把握しておくのがおすすめです。

・相続税の計算は税率も関係する?
相続する財産の中からどれだけの税金を支払わなければならないのかを計算するときは、税率を調べる必要があります。
相続税に対して税率を計算するときは、実際の財産に直接税率を乗じるというよりも、遺産額から基礎控除を除いた金額に税率をかけて計算します。
税率は平成27年度に改正されたので、新たな税率と共に計算の仕方をお教えしたいと思います。

・税率ってどのくらい?
相続税にかかる税率は法定相続分に応じる金額によって違ってきます。
平成26年までは
・0円〜1000万円以下 10% 0円
・1000万円以上〜3000万円以下 15% 50万円
・3000万円以上〜5000万円以下 20% 200万円
・5000万円以上〜1億円以下 30% 700万円 
・1億円以上〜3億円以下 40% 1,700万円
・3億円以上〜 50% 4,700万円 とされていました。

平成27年からは
・0円〜1000万円以下 10% 0円
・1000万円以上〜3000万円以下 15% 50万円
・3000万円以上〜5000万円以下 20% 200万円
・5000万円以上〜1億円以下 30% 700万円
・1億円以上〜2億円以上 40% 1,700万円
・2億円以上〜3億円以下 45% 2,700万円
・3億円以上〜6億円以下 50% 4,200万円 となりました。

相続税の計算方法は相続財産額-葬祭費用額-基礎控除×税率となります。
事前に税率を知っておくことで、相続税の対策に活かせると思います。

この一覧を見てもさっぱりわからないという場合は、弁護士に相談しましょう。
弁護士であれば財産の計算や相続税の計算まですべてを行ってくれるでしょう。
財産を相続するときにかかる税金は一人一人の財産によって異なり、財産が多ければ多いほど税率は上がっていきます。
税率から相続税を除き、子供たちに財産をどれだけ残せるかを正確に把握しておきましょう。