相続税でよく見かける基礎控除って何? | 相続税率ナビ

menu
HOME » 相続税率 » 相続税でよく見かける基礎控除って何?

相続税でよく見かける基礎控除って何?

相続税に関して調べ始めたとき、急に基礎控除という言葉が出てきて何のことだか分からないという人が多いと思います。
基礎控除はいろんな税金関係で使われる言葉ですが、実際はどういうものなのでしょうか。
誰もがつまづきやすい、基礎控除についてご説明をしていきたいと思います。

・基礎控除って何?
税金関係でよく使われることが多い控除という言葉。
主に、所得税や住民税などの基礎控除があり、相続税にも基礎控除が存在します。
基礎控除というのは納税者の負担を軽減させてくれる制度で、相続税に関しては基礎控除から超える分に対して計算され税金の金額が決まる制度を表しています。
相続税の基礎控除場合は皆一律ではなく、3,000万円+600万円×相続人数で計算されます。

・3,000万円を超えない場合は申告をしなくてもいい!?
仮に、遺産や相続する財産が合計で3,000万円を超えていなかった場合、相続する人数にかかわらず相続税の納税を行う必要はありません。
相続する財産が3,000万円あるという場合、相続人が母と子供1では3,000万円+(2人+600万円)で4,200万円となります。
相続する人数が多ければ多いほど、相続税として支払う税金の金額を減少させられるのがこの制度です。
相続税に関して調べる場合は、自分の財産がいくらあるかを調べ3,000万円以上あるという場合は相続人数から基礎控除の額を調べましょう。

このように相続税に関してはすべての人が相続税を支払わなければならないというわけではありません。
相続する財産が3,000万円以下の場合は相続税を支払わなくてもいいと定められています。
このため、3,000万円以下であれば、相続税の納税や申告は必要ないということを覚えておきましょう。
相続する財産が3,000万円以上あるという人は、自分の基礎控除を計算しどれだけの税金を支払わなければならないのか、家族にいくら残せるのかを調べておいたほうがいいと思います。
基礎控除の基本を知っておくことで税金を無駄に支払う必要もなくなり、家族にたくさんの財産を残せるのではないかと考えられます。