相続する順番は?未成年だった場合は相続税ってどうなるの? | 相続税率ナビ

menu
HOME » 相続税率 » 相続する順番は?未成年だった場合は相続税ってどうなるの?

相続する順番は?未成年だった場合は相続税ってどうなるの?

相続の件に関して、自分には関係ないだろうと思っている人が多いです。
しかし、自分がなくなったときのことや、親族がなくなったときのことを考えておくことはとても大切です。
遺言書が残してある場合は問題ありませんが、亡くなった人に財産がある場合は相続する順番によって財産が相続されていきます。

・相続はどうやって決まるの?
自分の血縁にあたる人が交通事故や病気などで亡くなった場合、遺産の相続をその家族が受けられる制度です。
順番としては第1順位が子供と定められていて、複数の子供がいた場合は相続する金額を頭割りで計算していきます。
仮に、自分の父親が亡くなった場合、母親に相続の話が行くと思っている人も多いと思います。
しかし、相続にも順番があり法廷で定められている遺産分割は子供or孫、2番目に祖母、3番目に兄弟という順番があります。
遺言書を生前に書いていたという場合は特例となり、遺言書に記載されている通りに相続を行います。

・相続をするのが未成年でも相続税を支払わなければならない
仮に、遺産を相続するのが未成年であったとしても、成人を迎えている人と同じように相続税を支払わなければなりません。
相続税は相続する財産がどれくらいあるかによっても異なります。
財産が1000万円以下の場合は税率が10%となるので、財産が500万円あった場合は500万円×10%で50万円の相続税を支払う必要があります。
50万円を差し引いた450万円を相続してもらえるので、未成年で相続税を払ったとしても相続させたいという場合は相続人として名乗り出ましょう。

相続をする大半の人は自分が財産を相続するとは思っていなかったという人が多いです。
財産を相続するという場合は相続税がかかります。
相続税は未成年が相続する場合も支払う必要があり、相続する財産の総額金額が大きければ大きい程、税金がかかる仕組みとなっています。
1000万円以下の財産であれば10%の相続税を支払うだけで済みますよ。