相続する財産が多い!少しでも税金を少なくする対策とは? | 相続税率ナビ

menu
HOME » 相続税率 » 相続する財産が多い!少しでも税金を少なくする対策とは?

相続する財産が多い!少しでも税金を少なくする対策とは?

相続税に関しては、基本的に相続する財産が3,000万円を超える場合に税金を納めなければなりません。
財産となるのは貯金だけではなく、不動産や土地なども財産となってしまいます。
都心や好立地に土地を持っている場合は、軽く3,000万円を超えてしまう人も多いと思います。
どうして相続するのに税金がかかるのと思う人もいると思いますが、対策をしっかりと行えば税金で支払う金額を少なく出来ますよ。
そこで相続する財産を少しでも守れるように、税金の対策をご紹介します。

・税金の対策としては贈与がおすすめ!
財産が3,000万円以上ある、または事業を起こしていて数億円もの財産がある人は納税として国に税金を支払わなければなりません。
税金の対策で行う方法としては自分の子供や孫に、贈与をしておくのがおすすめです。
それは、1年間1人に110万円以内の贈与をした場合、贈与税は支払わなくてもいいと定められているからです。
しかし、毎年のように家族の1人に110万円以上の贈与をしてしまうと、税金の対策として行っているとみなされてしまうので注意しましょう。
毎年110万円以上の金額を贈与し続けてしまうと、贈与税として納税を行う必要があります。
仮に、財産が2億円以上あるという場合は毎年110万円以内の贈与を行い、贈与税を支払った方が税金として支払う金額が低くなります。

・教育資金贈与なら税金はかからない?
教育資金贈与は子供が30歳になるまでに1,500万円を使い切れば、贈与税として税金を支払う必要がなくなる対策です。
30歳までというと限られた期間で使い切らなければならないのですが、海外留学や自動車免許などにも利用できるので1,500万円を上手く使い切る人もいます。
相続する財産が多い場合は教育資金贈与という形で、子供や孫にお金を渡しておきましょう。

対策ではもっと他の方法もあるので、対策を行いたいという場合はいろんな方法を検討してみてください。
財産が多い人もそうでない人にとっても税金の対策を行うのはとても大切なことです。
自分の大切な人にたくさんの財産を残したいのであれば、対策をしっかり立てましょう。