相続する税金を安くする対策ってあるの? | 相続税率ナビ

menu
HOME » 相続税率 » 相続する税金を安くする対策ってあるの?

相続する税金を安くする対策ってあるの?

亡くなった人から財産を相続する場合は、貯金や不動産などの丸々を妻や子供に残すことは出来ません。
財産には亡くなった段階で相続税がかかってしまうため、相続税が少しでも安くなるように対策を立てることも必要です。
少しでも税金として支払う金額が少なくなれば、家族に残せるお金も増えるので生前にいろいろな対策を取っておきましょう。

・相続する財産がどれだけあるかを知っておこう!
相続税の対策を立てるためには、今現在どれくらいの財産があるかを知っておく必要があります。
平成26年度までは資産価値が1億円以上だったのが、平成27年度の改正により5,000万円程度の財産がある場合は相続税がかかるようになりました。
これにより、都心に建物や敷地を持っている場合は、相続する財産が5,000万円を超えてしまうので相続税がかかってしまいます。
相続する財産が多いときは、教育資金贈与や生前贈与をして対策を立てるといいと思います。

・対策を立てることで支払う税金が少なくなる!
平成27年度の改正により、相続税の対策を行う人が増えています。
対策を行うのは毎年大変だという意見もありますが、メリットの方が大きいので利用する人が多いとされています。
そもそも、教育資金贈与というのは、30歳未満の子供または孫に行うもので、教育資金として1,500万円までは贈与しても非課税になります。
このため、学校の授業料や入学金、塾や習い事などに利用する人もいます。
また、中には教育資金贈与を自動車免許を取るために通う学校の資金として使う人もいるようですし、留学の費用として贈与する人もいます。

財産を割り振って上手く活用することで、支払う相続税を減らすことが出来ます。
贈与税は30歳までに1,500万円を使い切れば贈与税はかかりません。
しかし、30歳までに1,500万円を使いきれなかった場合は、贈与税として税金を支払わなければならなくなります。
教育贈与は自動車免許を取るためにも使えるので、子供が未成年だった場合は対策を上手く活用して税金として支払う相続税を減らしましょう。