相続した財産に借金が!?返済できない場合はどうしたらいいの? | 相続税率ナビ

menu
HOME » 相続税率 » 相続した財産に借金が!?返済できない場合はどうしたらいいの?

相続した財産に借金が!?返済できない場合はどうしたらいいの?

亡くなった人の財産を見てみると、貯金や不動産はなく、死亡保険や死亡退職金しかなかったということも考えられます。
亡くなった人から財産をもらえるのならまだしも、亡くなった人が借金を抱えていた場合は血縁関係にあたる人が相続し、借金を代わりに支払っていかなければなりません。
こういったケースはごくまれの出来事ではなく、比較的多いケースなので対処法について見ていきましょう。

・相続したくない借金について
亡くなった人が借金を抱えていて借金を相続してしまった場合、多くの遺族は「自分が作った借金でもないのに何で払わなければならないの?」と思ってしまう人も多いはずです。
例えば、貯金や不動産はなく、死亡保険と死亡退職金があったとしても、借金の額がとても払いきれる金額でなかったときは愕然となってしまうことが多いです。
生活をしていかないといけないのに多額の借金なんて払えないと思う人もいるでしょう。
そんなときは財産の相続を放棄することをオススメします。

・相続を放棄すれば借金を支払わなくていい
手続きさえ行えば借金を代わりに支払う必要はありません。
それが相続放棄です。
相続放棄をしてしまうと借金は支払わなくていいものの、死亡保険や死亡退職金などは受け取れなくなってしまいます。
しかし、どちらにせよ死亡保険や死亡退職金は借金の返済に当てなくてはならないため、死亡保険や死亡退職金がもらえないとしても相続を放棄する人が多いです。
相続を放棄すればいいのですが、相続した借金を放っておくと相続人の遺産を差し押さえられてしまうこともあるので、借金を代わりに払えない場合は素早く相続放棄の手続きをしましょう。

相続した財産の中に借金があった場合、貯金や不動産などで支払えればいいのですが、皆が皆こういった方法で借金を支払えるわけではありません。
代わりに借金が支払えない場合は相続を放棄して、借金をチャラにすることが出来ます。
相続した借金は子供にまで影響を及ぼしてしまう可能性があるので、相続を放棄することをオススメします。