放棄をしたら不動産はもらえない!不動産を相続するときの方法 | 相続税率ナビ

menu
HOME » 相続税率 » 放棄をしたら不動産はもらえない!不動産を相続するときの方法

放棄をしたら不動産はもらえない!不動産を相続するときの方法

財産として相続できるのは貯金だけではありません。
財産となるのは貯金や不動産、死亡保険や死亡退職金などです。
仮に、亡くなった人が不動産として土地を持っていたとします。
しかし、相続を放棄した人には、相続人として不動産を手にすることは出来ません。

・相続を放棄した場合は不動産も手に入らない
財産の相続を放棄してしまうのは簡単ですが、亡くなった人がひそかに不動産を持っていた場合、1度放棄の申請をしてしまうと放棄をした後に不動産が見つかったとしても財産の相続をすることは出来ません。
不動産というのは財産の一つとして考えられているため、相続を放棄する=貯金や不動産などの価値のあるものは全て相続をすることが出来なくなります。
財産を相続するか、相続をしないかは自己判断で決められるので、残された財産はどれだけあるかをしっかりと調べ、相続したほうがいいのか放棄したほうがいいのかをじっくりと考えるようにしましょう。

・不動産を相続する場合は?
不動産を相続するとき、相続人数が多い場合はどうしたらいいのでしょうか。
遺言で不動産について記載されていれば相続でもめることはないのですが、遺言がなかった場合はどうやって不動産を分割すればいいのでしょうか。
不動産を相続するときは現物分割、換価分割、代償分割などで不動産を相続します。
現物分割というのは不動産をそのまま取得する方法で、兄弟が大勢いる場合は長男が不動産を相続します。
換価分割は不動産を売却し、それを相続する人数の頭数で割った金額を1人1人が相続できる仕組みです。
兄弟が多い場合は長男が不動産を相続し、他の兄弟には不動産の価値を頭数で割った金額が相続される代償分割もあります。

相続では不動産についてが一番もめやすい問題と言っても過言ではないでしょう。
兄弟が皆、不動産を相続したいという場合は、換価分割や代償分割でもめないように相続をしましょう。
不動産の相続は話し合いや遺言などによって決まるケースが多く、大体は長男が相続することが多いとされています。